光明レイキ會

レイキとは 靈氣-霊気-レイキ-REIKI

レイキとは、宇宙のエナジーの呼び名の一つで、霊気療法の創始者である 臼井先生が名付けられました。

古来よりそれぞれの国によってそれぞれの名前で呼ばれています。 中国では「気・chi 」、日本では「気・ki ],インドでは「プラーナ」、ハワイでは「マナ」等です。

この宇宙エナジーによって全てのものが生かされているのです。 この霊気(レイキ)と呼ばれる宇宙エナジーの バランスが崩れると自然治癒力、免疫力が弱くなり精神的にも肉体的にも不安定になり、病気になるのです。

普段は全く気にもしていませんが、私達が健康で幸せに生活を営んで行くには絶対的に必要なものが「宇宙エナジー」、即ち、霊気(レイキ)なのです。

霊気療法<レイキ・ヒーリング>とは

大自然に遍満している「宇宙のエナジー」を活用して心身の改善を目指す「手当て療法」「手当て健康法」のことです。

人の手には元々より「癒しのちから」(ヒーリング・パワー)が潜在能力の一つとして備わっているのです。 訓練や修行によって得る能力ではありません。

容易に会得し、簡単に使えるようになる・・・ とてもシンプルなヒーリング法です。 そのシンプルさ(単純さ)で完成しています。何も足すものはありません、 足す必要がありません。

レイキ療法では、霊授(アチューンメント)という形(儀式)でレイキの根源と回路がつながり、より強いヒーリング・パワーがいつでも流れるようにするのです。 一度このレイキの回路が開通すると、誰でも簡単に自分自身を、又は、他者をヒーリングすることが出来るのです。

遠く離れた人には「遠隔ヒーリング」が出来ます。 外国では、主にリラクゼーション、ストレスの解消のために活用されています。 もちろん、病気の改善回復の為に「代替医療」としても大いに評価され、 役立っています。 戦前の日本では、病気治しの民間療法として大変普及していました。

霊気療法の簡単な歴史

臼井甕男(ウスイ・ミカオ)先生(1865 - 1926)が大正11年(1922)京都の 鞍馬山で断食瞑想行の際に体得されたヒーリング・パワーに基づくヒーリング のシステムが「臼井霊気療法」です。

臼井先生はこの素晴しいヒーリング・パワーを自分のものだけにしないで、 広く世に伝えようとされました。 先生の弟子の一人である林忠次郎先生(1879-1940)(海軍将校)が退役後、 東京で霊気の治療所を開設、治療と霊気療法の普及に努められました。

林先生の下で治療を受け、後に霊気療法の伝授を受けたハワイ在住の日系 二世の高田ハワヨ先生(1900-1980)が晩年に22名のレイキ・マスターを養成 され、レイキ療法はアメリカを中心に全世界に急速に普及しました。 現在も益々普及中です。

そして、30数年前に西洋式に合理化されたレイキ療法が日本に逆上陸 (里帰り)して、大変に普及しつつあります。